ベストなタイミングでのサプリメントの取り方

病院で処方される薬と違い、サプリメントは病気の治療のために使うものではなく、体質改善のための商品です。そのため、しばらくサプリメントを飲み続けていても、さほどきき目が出たように思えないことがあります。それとは別に、適切なサプリメントの使い方ができていないために、本来の効果をあらわせていないケースもあります。サプリメントを使う人の多くは、健康効果や、美容効果、アンチエイジングなどを目的にしています。常温の水でサプリメントを飲むことで、効果に干渉せずに済みます。他の成分で消化吸収を妨げるとなく、サプリメントの成分がスムーズに胃腸から体内へと吸収されます。サプリメントの成分は、カフェインやタンニンとつながる吸収率が落ちるため、緑茶や紅茶で飲むのはよくありません。パッケージの部分に1日の摂取量や、望ましい飲み方が書かれているため、その内容に従って飲むようにします。健康増進のためとはいっても、サプリメントを一度にたくさん摂取すると、逆に身体によくないこともあります。体にいいサプリメントの成分でも、飲み過ぎは身体によくありません。サプリメントで栄養を摂取することで、体の中の有効成分の濃度が一定にすることができ、それが健康維持へとつながっていきます。健康のためや、美容のためにサプリメントを使う時には、そのサプリメントが持つ利点を上手に引きだせるようにしましょう。

サプリメントを飲む時は飲み合わせを考えて摂取することが重要

飲み合わせが良くなるようにサプリメントを利用することを考えることが大事です。低分子コラーゲンのサプリメントを摂取する際には、ビタミンCを併用することでコラーゲンが吸収されやすくなります。ビタミンCサプリメントを選ぶ時には、ビタミンEも摂取できるタイプにすることで、吸収されたビタミンCの作用が向上します。何故なら、ビタミンE単体のサプリメントだと、体内の活性酸素をビタミンEが除去すると、ビタミンEは死んでしまいます。ビタミンCを併用することで、活性酸素で効果を失ってしまったビタミンEの作用を取り戻すことが可能です。サプリメントは単体で摂取しても問題はありませんが、飲み合わせを考えて摂取すると相乗効果で効果を高くすることが出来るのです。摂取したサプリメントの有効成分が体内に運搬されるには、血液の巡りが良い状態であることが前提です。冷え性体質の人は、ビタミンCと鉄分サプリメントを同時に用いることで、吸収効果をアップさせることが可能になります。飲み合わせの良くないサプリメントは、身体に悪い作用をもたらすことがあります。サプリメントは薬ではないので深刻な副作用はまずありませんが、成分の吸収を阻害する場合があるので注意が必要です。DHAとキチンキトサンという、カルシウムと亜鉛などミネラル系の成分と食物繊維のサプリメントを併用すると、身体への吸収を邪魔してしまうことがあります。サプリメントは飲み合わせを考えて利用しなければ、せっかく摂取した成分が台無しになってしまうので、注意しましょう。

サプリメントの飲み合わせに注意して効率よく摂取する

普段の食事ではとりにくい栄養素を手軽に摂取できることから、サプリメントが人気を集めています。簡単で、確実な栄養確保が可能なことがサプリメントのメリットですが、サプリメント選びの際に知っておきたいことがあります。サプリメント自体は身体にいい影響をもたらすものでも、別のサプリメントや、薬との飲み合わせで、マイナスの効果をつくり出すことがあります。飲み合わせによっては、いい効果が得られるものや、逆に体に悪いものもあります。意図的に複数のサプリメントを飲み合わせる場合、吸収効率を高くしたり、より高い効果を得ようとすることが多いようです。ビタミンDのサプリメントは、カルウシムが体内に吸収されやすくするために使うことがあります。ビタミンDはカルシウムとリンを効率的に吸収する栄養素で、骨の形成に良い効果をもたらすと言われています。マグネシウムは、ビタミンDと同様に、カルウシムの吸収を助ける効果を持っています。カルシウムサプリメントを摂取するだけは骨は強くできませんので、マグネシウムを同時に摂取するようにしてください。飲み合わせのいいサプリメントの代表格には、ビタミンCと、コラーゲンを併用して吸収を良くするというものがあります。お肌を若々しく保つためにコラーゲンは必要とされていますが、ビタミンCが欠乏するとコラーゲンも減っていきます。サプリメントを摂取する時には、飲み合わせによって起きるメリットや、デメリットを理解しておく必要があります。参照:美白ジェルのおすすめ

 

コメントは受け付けていません。