紫外線カット効果のある商品による対策方法

紫外線は皮膚や目にダメージを与えるので、日差しの強い日でなくても対策が必要です。紫外線対策は一年中した方が良いとされていますが、春から夏にかけては特に紫外線が強くなります。紫外線を長時間浴びていると、しみやしわが増えたり、そばかすが消えなくなったりします。日焼けのせいで皮膚がんになる可能性もあるとされていますので、紫外線が皮膚に届かないようにしたいものです。日やけ止めクリームの使用は、紫外線対策として最もスタンダードな方法であるといえます。もしも、日やけ止めクリームの効果を確認したい場合は、SPFや、PAを確認するといいでしょう。SPFの数字が大きいほど、紫外線による日焼けで肌が赤くなり、シミやそばかすになる症状を防げます。これを塗ると何も塗らない時に比べ、皮膚が赤くなるの時間を遅らせるという意味です。日焼けによって皮膚が黒くなり、保湿力を失ってしわが増える紫外線A波を遮るものがPAです。最近は、UVカットが施された帽子も様々なデザインの商品が出回っており、UVカット率99%の商品もあります。意外と紫外線の影響が見過ごされやすい部分に、頭皮や髪の毛があります。太陽光に含まれる紫外線は首まわりの皮膚にも影響を与えますので、つばの広い帽子なら首のあたりも紫外線を防げます。ジッテプラスは効果なし?

コメントは受け付けていません。